shimanami プラプラ日記

purarin.exblog.jp
ブログトップ
2009年 01月 13日

唐子浜

子供の頃の唐子浜は夏の象徴だった。
観覧車も小さなゴーカート、お化け屋敷だってあった。
いつの間にかに寂びれてしまい、今は平地になって跡形はない。

空気が澄んでいて雲の動きが激しかったけど、海は静かだった。
遠くに見える石鎚山は寒々しく浮き上がっていた。
f0164978_2350658.jpg


前に見える小さな島は比岐島、今も2世帯の家族が住んでいるそうな。
電気はなくて自家発電、雨水を貯めて生活水にしているらしい。
f0164978_2353447.jpg

f0164978_2356399.jpg

今治側にある赤灯台と官舎、(潮が引くと灯台の近くまで歩いて行けます。)
来島海峡の西水道入口にあった鴻の瀬灯標でした。これは明治35年4月、国で5番目の様式灯台として建設されたものですが、「大型船の通行」という時代の要請で灯台を支えていた岩礁を爆破することになりました。76年間、海峡のシンボルとして、また、今治港発展にも寄与した貴重な文化財、昭和53年10月に現在地に移されました。
f0164978_23575432.jpg


自宅の下にある唐子浜、なんてことない遠くに行くことはなかったんだ・・・と思う。
f0164978_0174342.jpg

[PR]

by shuko1209 | 2009-01-13 00:06


<< 東京タワー      Brian Lynch >>